ハイパフォーマンスメモリとAMD AシリーズAPUで楽しむDX11ゲーミング by スチュアート・ハストン

by ギガバイ子 28. 7月 2011 17:56

 

こんにちはっギガバイ子です♪

最近は涼しめの日が続いてるね~

 

記録破りの内蔵グラフィックスパフォーマンスが話題を呼んでいる

AMD AシリーズAPUGIGABYTEA75シリーズマザーボードですが、

パフォーマンスをさらにアップさせる秘訣をみなさんご存知ですか?(´°ω°`)?

 

実は、メモリにあるんです!

 

最近DDR3のメモリ価格がどんどん下がってきていますが、

高くて手の届かなかった高帯域幅のモジュールもだいぶ安くなってきていますよね!!

 

今日は、GIGABYTE本社のグローバル・マーケティング部門のスチュアート・ハストンから、メモリの転送クロックとAPUパフォーマンスの関係性について、ご紹介したいと思います☆

 

 

ハイパフォーマンスメモリとAMD AシリーズAPUで楽しむDX11ゲーミング 

By スチュアート・ハストン GIGABYTEグローバル・マーケティング部門

 

Lynx GPU

ここ数週間、我々はAMD社のAシリーズAPUの抜群なパフォーマンスに本当に圧倒されっぱなしだった。AシリーズAPUはマルチコアCPUDX11対応のGPUを一つのシリコンダイに統合したプロセッサーで、単体GPU並みの優れたグラフィックスパフォーマンスを誇る。つまり、オンボードグラフィックのみで相当優れた3Dゲームパフォーマンスを享受することができるのだ。

一般的なグラフィックスプロセッサーのように、Llano APUに統合されたGPU(コードネーム:Lynx)は最近の3Dゲームが要求するある一定のパフォーマンスを満たす為に、メモリのサブシステムに依存している。というのは、最近のGPUは並列処理方式を用いてOn-the-fly方式の大量のデータ群を高速で振り分け、加速されたピクセルとバーテックスシェーダを使用してよりリアルな3D環境を実現しているからだ。だから、メモリバンド幅やRAMの速度が、GPUがデータをやり取りする上で要となるのだ。

つまり、高帯域幅をもつメモリとAシリーズAPUを組み合わせることで、この内蔵のLynx GPUが使用可能な帯域幅が増えるので、結果的に最新3Dゲームをより高速なフレームレートで、かつスムーズな動きで楽しむことができるというわけだ。 

ハイスペックなメモリを使用するとどれほどパフォーマンスが向上するかを証明するために、いくつかベンチマークテストを行ってみたので、結果をご覧頂きたい。

 

メモリ転送クロックを上げる 

まずはAMDA8350 APUGIGABYTE A75-UD4Hマザーボードを使って、色々な転送クロックのメモリモジュールと組み合わせて試してみた。メモリの転送クロックの差がDX11 3Dゲームにどの程度の変化をもたらすかを確認するためだ。そこで、CorsairDDR3 13331600186620002400を試してみた。

さらに面白い結果を出すために、HiCookieが調整したGPUのオーバークロック設定でDDR3 2400のベンチマークテストも行ってみた。  

使用した構成は以下の通りだ。

以下がテストで使用したDirectX11対応のタイトル(Dirt 3Dragon Age IIMetro 2033Civilization V)のベンチ比較だ。

 

ご覧の通り、メモリ転送クロックが上がるごとにパフォーマンスの向上が期待できることがわかる。中でも特にCivilization Vは著しいパフォーマンスの向上を見せた。これは、比較的手の届きやすいDDR 1600 RAMでも相当フレームレートを向上させてくれることを示す良い例だ。フレームレート28から、かなり滑らかな47までアップした。要するにハイスペックメモリに投資することで、AMD APUからより優れたパフォーマンスを絞り出すことが出来るということだ。ちなみに、テストで用いた4タイトル中3タイトルで明らかなパフォーマンスの向上が見られた。


オーバークロックでも相当な変化が 

AMD Llano APUのバンド幅は完全に制約されているのでAPUをオーバークロックしても結局時間の無駄だと、あるレビューアーたちが考えているようだ。これを確かめるために、GIGABYTEを代表するオーバークロッカーであるHiCookieの協力を得て、高帯域幅のメモリを用いて、内蔵GPUをオーバークロックしてみた。結果は一目瞭然だ。HiCookiが調整したGPUのオーバークロック設定でA75-UD4Hを使うと、フレームレートがデフォルトの2倍に達することもみられた。DDR2400 RAMのメモリを使用すれば、新たなる領域に達してしまうのは明らかだろう。 


まとめ 

AMD Aシリーズで自作をお考えの方は、選ぶメモリによってゲームパフォーマンスが一変することを念頭に置いてほしい。メモリの転送クロックは内蔵GPUのパフォーマンスと比例するのだ。ただし、BIOSでメモリタイミングをメーカーの推奨値(通常DIMMに明記されている)に設定する必要がある。SPDだけでは出来ないのでその点注意してほしい。 

 

 原文はこちら(英文)

 

Tags:

オーバークロッキング | 製品関連

コメントを書く




  Country flag
biuquote
  • コメント
  • プレビュー
Loading


Powered by BlogEngine.NET 2.0.0.36
Theme by Mads Kristensen | Modified by Mooglegiant

     

Calendar

<<  6月 2017  >>
月曜火曜水曜木曜金曜土曜日曜
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789

View posts in large calendar

アーカイブ